ウォーターサーバー

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーに関するお役立ち情報を提供します。

toku通販 > ウォーターサーバー

ウォーターサーバー 比較 ポイント

水道水は健康面で心配だからウォーターサーバーを選択するという判断をして、実際に手に入れようとした際に迷うのが、どれを選ぶかです。

言い換えると、メーカーによって多くあるのでどれがいいか分からないという事態が起こってもなんら不思議ではありません。

そこで、重要になるのが、いわゆる選択基準です。

【選択基準】
□衛生面
□使いやすさ
□細かなメンテナンスが不要であること

上記3点が主な焦点になります。
衛生面とは、当初は新鮮な状態で水を受け取っても、時間とともに劣化してしまっては意味がありません。

その意味で、サーバー自体に除菌作用があることは必須条件です。

使いやすさは、要は冷水・温水の切替ができるかどうかです。これがあるとわざわざ温める必要がなくなるため、使いやすさが「ぐっと」向上します。

メンテナンスの有無については、自分で頻繁に綺麗に掃除する必要があるかです。
水道水の場合そういったことは基本的にしないことを考えるとメンテが必要なのはマイナス要素になりえます。
その意味で、自分でしなくても除菌をしてくれることが日常的に使うのには必須条件となります。

上記ポイントを満たすもののひとつとして、オーケンウォーターというものがあります。
これは上記ポイントをしっかりと満たしているので、「どれが言いか分からん!」という場合はこれを選べば、まず問題ありません。

ウォーターサーバー 水道水

水分は、人間にとって最も必要不可欠なものであり、水分補給の方法として、最も経済的且つ効率的な水道水又はウォーターサーバーからの補給方法とがあります。

では、水道水から補給するのとウォーターサーバーから補給するのとどちらが安全に体内へ取り入れられるかが問題になります。

結論から言うと、安全性の点で後者に軍配が上がります。

なぜか?

水道水は一見、気軽に水分補給できますが、到底無視できない問題があります。
それが、水道水に含まれる成分です。

【現在の水道水に含まれる成分】
□トリハロメタン
□ダイオキシン
□鉛

まず、トリハロメタンですが、簡単に言えば発ガン性のある成分です。
元々有害物質を除去するために塩素が用いられましたが、それが結果的にトリハロメタンを生み出すことになっています。

ダイオキシンは周知の通り発ガン性あるものですが、ろ過では除去できないため一般の水道水に含まれているかもしれないという危険が内在します。

鉛は旧式の水道管に使われていたものですが、体内へ蓄積されると脳炎・痴呆・腎臓障害の原因になります。

上記危険が水道水にありますが、ウォーターサーバーは意図的に上記の有害物質を除去しているので、水道水以上に安全である道理です。

旧式の水道管が使われているか分からない又は、お住まいの地域の水が心配という場合、健康を害する前にウォーターサーバー導入が結果的に健康を守ることに繋がります。

ウォーターサーバー トップへ戻る