ソウル観光

ソウル観光

ソウル観光に関するお役立ち情報を提供します。

toku通販 > ソウル観光

ソウル観光ツアー

夏休みなどの長期休暇に、観光のために向かう場所のひとつとして、人気がある韓国のソウル。

地理的にも、海外の中では、比較的近いので、観光に訪れやすいところが人気に繋がっています。
とはいえ、海外観光はパスポートや、訪れる場所、現地へ向かう手段など多くの事柄を事前に考える必要があります。

正直面倒です。
⇒なら、そういう面倒なことはツアー会社にやってもらうのが一番です。
さすがにパスポートは自分で取得する必要はあるものの、それ以外はツアー会社の方がプロなので信用できます。

あとは自分が個人的に訪れたい店や場所を調べておけば、当日特にばたばたすることなく思う存分観光ツアーを楽しめます。

主たる訪問先としては、料理屋、名所です。
料理については日本とは当然違うので、新たな味覚の発見を楽しんだり、名所では、視覚的に楽しむだけでなく、文化の違いを学ぶことも出来ます。
特に名所では写真に収めることが出来れば、後々思い返せる記録、思い出として残ります。

ただ、注意点があり、広場関係のところで喫煙はNGです。場合によっては罰則対象になる可能性もあるので、その点だけ考慮しておけば、思う存分ソウルを楽しめますね。

ソウル観光スポット

観光で訪れる際に外せないのが、スポット言われる名所。
韓国のソウルにもスポットがあります。

まず、世界遺産として認定されている3箇所。

1:昌徳宮
2:宗廟
3:宣陵

世界遺産として認定されている上この3箇所は回りたいところです。
時間自体は有限なので、出来るだけ効率的に回ることを考慮すると、昌徳宮・宗廟は一緒に回ったほうがいいです。
⇒位置的にこの2箇所は近いためです。

で、次が景福宮です。ここは、風水学上最適な位置にあることから、パワースポットとして認識されています。
そして、すぐ正面にある光化門があり、さらにその前方に広がるのが光化門広場です。

清渓川はソウルの人口川で、川沿いも綺麗に舗装されているあたり、抜け目がありません。市民の憩いの場であり、昼は涼しげなオアシス、夜はライトアップされることによる幻想空間を創出しています。

このようにスポットとして多くの場所があるので、時間との戦いになりがちですが、グルメにおいても、目を張るものがあるので、これも見逃せません。

午前中に上記スポットを回り、昼はグルメを堪能し、その後は残りの未訪問スポットを楽しむのがベターですね。

【JTB】ソウル、釜山、済州島…魅力いっぱいの韓国特集はこちら

ソウル観光 トップへ戻る