ぶどう狩り

ぶどう狩り

ぶどう狩りに関するお役立ち情報を提供します。

toku通販 > ぶどう狩り

ぶどう狩り ツアー

秋の味覚のひとつ、ぶどう。
そして、季節の味覚を思う存分楽しめるのは、〇〇狩りです。

今回は、ぶどう狩りです。
とくに巨峰は、甘みがあり美味しいわけですが、折角、出かけるなら、味覚を思う存分楽しみたいものです。

日帰りで楽しむのもありですが、味覚をこの上なく楽しむには泊りがけの方が時間を気にしなくても言い分、より楽しめます。

さらに、近くに、富士サファリパークもあるので、近くに来たついでに寄れば、満足度はさらに高まります。
そして、疲れを癒すために温泉へ行くという流れはいい感じです。

楽しむための流れをざっと挙げたわけですが、味覚狩りを楽しむ目的で、自分たちで現地へ行くと、付加的な楽しみを見つけるのは難しいものがあります。
このあたりは、ツアー会社が強く、本来の目的以外の楽しみまで踏まえているところに魅力があるわけです。

特に子供連れの家族にとっては、サファリパークなどがあった方がより楽しめます。

ツアーなら泊りがけであっても、宿泊先も確保しているので、楽しむことだけに専念できますし、自分たちで赴く場合でも、ツアー会社のスケジューリングは参考になります。

一言にぶどう狩りといっても地方別にあるので、どこがいいのか?付加的に遊ぶ要素があるか?などを知るには、ツアー会社の情報がたよりになります。

味覚狩りへ行くと決めて、スケジューリングを組む場合、まずはこのあたりの調査が必須です。

ぶどう狩り 食べ放題

秋の味覚のぶどう狩りですが、各所において、運営システムが当然ながらあります。

ツアーを利用する場合、そうでない場合問わず、この点を考慮しておく必要があります。

【味覚狩りのシステム】
◆従量制
◆定額制

この2つになります。従量制は1キロ何円という形です。よくある仕組みとしては、入場料無料で、試食ありで、品種制限なしです。

定額制は、一定額で食べ放題という形です。よくある仕組みとしては、入場料必要で、基本品種制限無しですが、ある場合、試食ができるという形です。

味覚狩りを体験する基本的な流れは以下です。

1:予約
2:申し込み
3:決定
4:味覚狩り
5:精算

です。

予約が必要かどうかは確認しておかないと最悪現地で、ぶどう狩りが出来ないこともあり得ます。

申し込みは目的を伝えるだけで、決定は、希望品種を決め、所定の金額を支払うことで、決定となります。

で、制限時間も設定されているので、その時間になったら、持ち帰り分を精算します。
その意味で、食べ歩いている間に、持ち帰りたい分は確保しておいた方が効率的です。

このあたりを把握しておけば、いざぶどう狩りを行うときでも特に焦ることなく楽しめます。

≪テーマ別バスツアー≫リピーター続出!大好評ツアーのご予約はお早めに

ぶどう狩り トップへ戻る